妊娠中にすべきこと

赤ちゃんが生まれてくるまでの十月十日、その期間は長いようで短い、母に、父になるための準備期間です。そんな限られた時間である妊娠中にすべきことは挙げれば際限なく出てきます。ここでは産後に備えて妊娠中にすべきこと、しておくとよいことについて述べていきます。まずは妊婦として妊娠中にすべきことは、何よりも健康管理と維持です。これは食事や運動に普段から気をつけていれば何ら問題ありません。忘れてはいけないのは、自分一人の身ではないということを常に意識して、口にするものに気をつけ、体を動かして代謝を上げながら生み出しやすい体を作ることです。

またしっかりと食べる、動くことによって身体だけでなく、心の健康も維持、促進することができます。二つ目に、初産の方は特に、ご主人や今の家族との時間を大切に過ごすことです。新しい命の誕生は、家族の形もまた新しいものにしてくれます。しかし、今の夫婦だけ、今の家族とだけゆっくり過ごせる時間も少なくなります。

そのため、夫婦でしかできないこと、上の子たちとしかできないことを探してみましょう。無理をしない範囲での旅行や、子供を怒らない日を作るなど、楽しみながら過ごすことで、今の家族との時間も新しい家族の誕生もより大切なものになります。三つ目には、生まれてくる新しい家族を迎える準備をしっかりと整えることです。肌着やおむつを買ってきて水通しをしたり、ベビーベッドを組み立てたり、あかちゃんが過ごしやすいように模様替えしたり、赤ちゃんグッズを手作りしてみたり。やったことないことや苦手なことでも、なぜか赤ちゃんのためなら頑張れてしまうのが親というものでしょう。新しい小さな肌着に腕を通す小さな赤ちゃん、暖かい日を浴びながらリビングですやすやと寝息をたてる赤ちゃんを想像しながら準備を進めることの楽しさと喜びはひとしおです。次のページからさらに掘り下げながら赤ちゃんを迎えるその日までやるべきことについて述べていきます。

▼特集
妊娠中でも安心して飲めるハーブティーの通販サイトです →→→ 妊娠中 ハーブティー

Copyright © 2014 妊娠中にすべきこと All Rights Reserved.